炭焼き 石油カン

石油カン式炭焼き

手軽に出来る炭焼き法で、20ℓの石油カンを使っての炭焼き法です。

炭 材・・・・・竹

使用する器材・・石油カン

カンの上面の二辺をカン切り器で切ってめくり上げ、着火口として底面にカンシュース径の丸い煙突口をあけます。煙突は約1.5mほどの太竹を用い、カンと煙突を結ぶパイプパイプは上下の底を抜いたジュースの缶を使います。炭材の竹は、30cmの長さに切り、なたで八つ割にし、内側の節をそぎ落として板状にします。

これをぎっしりとカンに詰め込み、カンを土に据えて煙突をつけ、着火口を残して煙突側とカン側を土で覆います。そして、着火口で焚き火をし、約4時間、白煙が煙突から出るようになった時、節を抜いた径3cm、長さ1mの竹を吸気口として取り付け、着火口のめくり上げたカンぶたを元通りにして土をかけます。

石油カン式炭焼き窯

当サイトの内容について

当サイト内の文章・画像の著作権は当方あるいは作者に帰属します。複写・転載・使用することを固く禁じます。